【決定版】初心者のハンドドリップに最適なドリッパーをご紹介します

【決定版】初心者のハンドドリップに最適なドリッパーをご紹介します ということで、今回は、初心者が美味しいコーヒーを淹れるためにおすすめのドリッパーについてご紹介します。

最近は趣味としてコーヒーを始められる方も多く、私もよく「どんなドリッパーがおすすめですか?」と聞かれることが多いです。初心者の方にとっては、おいしいコーヒーを淹れるのは非常に難しいですよね。今ではおいしいコーヒーを淹れられるようになりましたが、始めたばかりの頃はそれはそれは不味いコーヒーを作ってしまっていました。

そこで、ここでは私がその昔使用していたドリッパーの問題点と、最終的にたどりついた初心者が美味しいコーヒーを淹れるためのドリッパーについてご紹介します。

  1. これまで使用していた材料と道具一覧
  2. ドリップをし続けて気づいた問題点(ドリッパーとその構造)
  3. 新たなドリッパー
  4. 実際にコーヒーを淹れてみました
  5. おまけ:慣れてきたら使いたいドリッパーについて

【決定版】初心者のハンドドリップに最適なドリッパーをご紹介します

1.これまで使用していた材料と道具一覧

まずは、私がコーヒーを淹れるためににその昔使用していたドリッパーをご紹介します。

コーヒーを淹れるために用意していたドリッパーはこちらです。

こちらは、カリタさんから出ている陶器製の台形(扇形)ドリッパーになります。

1.カリタ陶器製扇形ドリッパー

こちらは、基本的にコーヒー関連のお店ならどこにでも売っているドリッパーになります。

コーヒーを淹れるために用意していたドリッパーはこちらです。

こちらは、カリタさんから出ている陶器製の台形(扇形)ドリッパーになります。

1.カリタ陶器製扇形ドリッパー

こちらは、基本的にコーヒー関連のお店ならどこにでも売っているドリッパーになります。

Amazonさんでは、だいたい1000円くらいで売っています。

オーソドックスなドリッパーで、広く知られているため、人気も高いです。

この記事を読まれているあなたも見たことがある、もしくはもう持っているという方が多いのではないでしょうか?

私もその例にもれず、このドリッパーからハンドドリップを始めました。

このドリッパーのフィルターは、スーパーマーケットなどにもよく売っていて、人気の高さが伺えますよね。

2.ドリッパーの特徴

このカリタ扇形ドリッパーの特徴としては、しっかり濃いめのコーヒーが淹れられるということです。

まずは、このドリッパーの形状を見ていきましょう。

の画像のように、扇形(台形)の形をしています。

次にドリッパーの中を見ていきましょう。

底に小さい穴が三つ開いていますね。

また、リブと呼ばれる溝が縦に浅く何本か入っています。

穴が小さく、リブが浅いために、お湯の流れがゆっくりになり、じっくりと成分が抽出されます。

これによって、濃いめのしっかりしたコーヒーが抽出されるというわけです。

2.ドリップをし続けて気づいた問題点(ドリッパーとその構造)

上記のカリタ扇形(台形)ドリッパーで、コーヒーを淹れ始めましたが、いくら練習しても自分の求めている味にならないという問題に直面しました。

その問題がこちらです。

  1. 苦過ぎる
  2. 濃過ぎる

1.苦過ぎる

問題の一つ目がこちらです。

もちろん、コーヒーとは苦いものなのですが、思っていたのとなんか違う。

カフェや喫茶店で飲むようなおいしい苦さではないのです。

後に、私が淹れていたコーヒーの苦みと、美味しい苦みは違ったと気付くことになります。

実は、コーヒーには美味しい苦みと、不味い苦みがあるのです

不味い苦みとは何かというと、顔をしかめたくなるような「うえっ」となるあの嫌な苦みです。

皆さんもこんなコーヒーに出会った経験ありませんか?

対して、美味しい苦みというのはそういったことは全くありません。

「喫茶店のマスターが淹れてくれたコーヒーって苦いけどなんか飲める」

その苦みが、美味しい苦み、つまり良い苦みなのですね。

では、この良い苦みではなく、嫌な苦みが出てしまうのは何が原因なのでしょうか?

それは、ずばり「過抽出」と呼ばれる現象です。

簡単にいえば、コーヒーの成分を抽出しすぎてしまうということですね。

扇形ドリッパーの形をもう一度見てみましょう。

上から見ると、長方形に近いような形をしています。

この長方形に円を描きながらお湯を注ぐのをイメージしてみてください。

すると、端の方の粉にあまりお湯がかからないのが分かりますか?

そして、それは裏を返せば中心の方にお湯がかかりすぎているということなのです。

これによって、真ん中の粉の成分が過抽出気味になり、嫌な苦みが出てきてしまうということなのですね。

2.濃すぎる

2つ目の問題が淹れたコーヒーが濃すぎるということです。

「お店のコーヒーって、もっと薄い色だったよな」

と思うことが多く、いろいろ工夫してはみましたが、上手くいきませんでした。

それもそのはずで、ドリッパー自体に問題があったからです。

ではここで、もう一度カリタ扇形ドリッパーの内側を見てみます。

穴が3つ空いてはいますが、小さくてお湯が落ちるが遅いんですね。

なのでじっくりじっくり抽出されて、濃いコーヒーになるというわけです。

もう一つ問題になるのは、リブが浅いということです。

リブが浅いと、ドリッパーとペーパーが密着して、その間をお湯が通り抜けていきません。

全てのお湯が粉を通って落ちていくので、しっかりと抽出されたコーヒーになるということなのですね。

カリタ扇形ドリッパーはこういった形状をしているので、いくら注ぎ方を工夫してもそれほど大きな変化はないですね。

カリタさんのドリッパーが悪い製品だといっているわけではありません。

そういうコーヒーになる仕様だということです。

もちろん濃いめのコーヒーが好きだという方もいらっしゃるでしょうから、その辺りは好みの問題ですよね。

3.新たなドリッパー

上記の問題を踏まえて、改めてドリッパーを探してみました。

そこで最適なものを発見しました。

そのドリッパーをご紹介します。

1.ハリオ V60 ドリッパー

その新しいドリッパーがハリオ V60 ドリッパーです。

ドリッパーを探すにあたって、同じ過ちを繰り返さないためにも次の基準で探しました。

  1. 円錐形であること
  2. リブが深いこと
  3. 安いこと

以前使用していたカリタさんのドリッパーは扇形タイプでした。

それによって過抽出の問題が起こっていたので、今回は円錐形タイプのものを探しました。

そこでいきついたドリッパーがこちらです。

ハリオさんから出ているハリオ V60 ドリッパーです。

リブも深く掘られていて、お湯の抜けも良さそうです。

値段もAmazonさんで400円未満でした。

即決で購入しましたね。

2.ドリッパーの特徴

このハリオ V60 ドリッパーの特徴としては、あっさりすっきりめのコーヒーが淹れられるということです。

まずは、このドリッパーの形状を見ていきましょう。

この画像のように、円錐形の形をしています。

次にドリッパーの中を見ていきましょう。

底に大きな穴が一つ開いていますね。

また、リブがらせん状に深く何本か入っています。

穴が大きく、リブが深いために、お湯の流れが速くなり、さっとお湯が落ちます。

これによって、あっさりすっきりめのコーヒーが抽出されるというわけです。

さらに、リブがらせん状になっていることによって、お湯の流れが確保されます。

これもまた、あっさりしたしたコーヒーが淹れられる要因ですね。

4.実際にコーヒーを淹れてみました。

今回新たに購入したハリオ V60 ドリッパーを使って、実際にコーヒーを淹れてみました。

 

まずはドリッパーのお披露目です。

見た目はシンプルで美しいデザインです。

色は他にもあるのですが、今回は透明なクリアタイプを選びました。

一番標準的なもので安いですが、洗練されたデザインですね。

別売りのペーパーフィルターをセットして使います。

縫い目に沿ってペーパーを折り、広げて使用します。

これでペーパーがドリッパーから浮くのを抑制してくれます。

ペーパーをセットするとこんな感じです。

これをサーバーの上に乗せれば準備は完了です。

さて、道具が揃ったところでコーヒーを淹れます。

まずは以下のものを揃えましょう。

  1. コーヒー粉:30g
  2. お湯:85℃を500mlほど

沸かしたお湯を1分ほど放っておくとこれくらいの温度になります。

コーヒー粉はペーパーに入れていきます。

まずは蒸らしです。

お湯を粉全体にかかるようにまんべんなく注いだら、30秒ほど待ちます。

30秒ほど待つとこのように粉が膨らんできます。

その後は3回に分けてお湯を注いでいくのですが、このとき円を描くようにお湯を落としていくのがポイントです。

全体にお湯が均等にかかるのを意識して、注いでいきます。

3杯分360mlに達したら、ドリッパーを外して出来上がりです。

お気に入りのカップに移して頂きましょう。

肝心なコーヒーの味は、以前扇形ドリッパーで入れていたのとは違い、甘味や美味しい苦みが味わえ、それでいてあっさりごくごく飲めてとてもおいしいです。

400円以下でこれだけ仕事をしてくれたらコスパは最強ですね。

 入門のドリッパーとして最適と言えるでしょう。

5.おまけ:慣れてきたら使いたいドリッパーについて

最後におまけとして初心者を脱して、慣れてきたら使いたいドリッパーについて書きたいと思います。

そのドリッパーとは、KONOさんから出ているドリッパーです。

こちらも、ハリオさんのものと同じく円錐形のドリッパーで、扇形ドリッパーよりもお湯の抜けがいいという特徴があります。

ただ、ハリオさんのものと大きく違うのは、リブの形状です。

このように、シンプルな直線のリブが短く数本入っているだけです。

この単純な作りによって、お湯の落ちるスピードは、ドリッパーによってコントロールされる部分は少ないです。

ではどうやって決まってくるのかというと、コーヒーを淹れる人の注ぎ方によってなんですよね。

ゆっくり注げばじっくり抽出されますし、早く注げばさっと湯が抜けていきます。

なので、初心者にとっては扱いが難しいドリッパーです。

ただ、コーヒーを淹れるのに慣れてきて、自分の好きな味を再現したい!という方にとってはおすすめのドリッパーと言えますね。

ハリオ V60 ドリッパーで物足りなくなったら、こちらも検討してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、初心者が美味しいコーヒーを淹れるために私がお勧めするドリッパーをご紹介しました。

ドリッパーによってコーヒーの味は全くの別ものになります。

皆さんそれぞれお好みのコーヒーがあります。

苦いコーヒーが好きな人や酸味の強いコーヒーが好きな人など様々です。

自分の好みがわかると適切なドリッパーを選択することができるようになり、自分の理想に近いコーヒーを自宅で手軽にいただけるようになります。

皆さんもまずは自分のお気入りのコーヒーを味を見つけてください。

そうすると自然と自分にあったドリッパーが見つかります!

スポンサーリンク
スポンサーリンク