【決定版】お家で美味しいコーヒーを淹れるにはミルが必須!おすすめのミルをご紹介します

【決定版】お家で美味しいコーヒーを淹れるにはミルが必須!おすすめのミルをご紹介します ということで、今回は、お家で美味しいコーヒーを淹れるのにおすすめのミルについてご紹介します。

コーヒーをお家で淹れるのに必要な道具として、豆を挽いて粉にする「ミル」があります。もちろん粉で買ってくる場合は必要不可欠というわけではありませんが、挽きたての粉で淹れた方が美味しいのは言うまでもありません。

そこで、ここではミルが無い場合の問題点と、最終的にたどりついた美味しいコーヒーを淹れるためのミルについてご紹介します。

  1. 粉で買って淹れる場合の問題点
  2. ミルを導入する利点とおすすめのミル
  3. おまけ:お財布に余裕があれば電動ミルもあり

【決定版】お家で美味しいコーヒーを淹れるにはミルが必須!おすすめのミルをご紹介します

1.粉で買って淹れる場合の問題点

まずは、ミルが無く、粉で買って淹れる場合の問題点をお伝えしておきます。

粉で買って淹れる場合の問題点は主に3つです。

  1. コーヒーが酸っぱい
  2. ドリップしにくい
  3. 日持ちしない

1.問題点①コーヒーが酸っぱい

問題点の一つ目は、コーヒーが酸っぱくなってしまうことがあるということです。

皆さんもコーヒーを飲んで「酸っぱい」と感じたことがあるのではないでしょうか?

あの「酸っぱい」って美味しい酸味ではなく、顔をしかめたくなるような不快な酸味ですよね。

粉で買ってきて淹れるというのは、この嫌な酸味の原因となり得るのです。

コーヒー豆は空気に触れると酸化して酸っぱくなっていってしまうのですが、粉に挽くことによってこの酸化を助長します。

なぜなら、豆から粉になると空気に触れやすくなってしまうからなんですね。

2.問題点②ドリップしにくい

2つ目の問題点は、ドリップしにくいということです。

皆さんはがコーヒーをドリップするとき、粉は下の写真のように膨らんできますか?

膨らんでこず、べちゃっとなってお湯がたまってしまうという場合、それは粉で買っていることが原因かもしれません。

焙煎したてのコーヒー豆はガスを多量に含んでいて、そのガスがお湯と反応することで放出されて上の写真のようにもこもこと膨らみます。

このガスは焙煎から時間が経つにつれて、自然に抜けていくのですが、豆を粉に挽いてしまうと、このスピードを速めてしまうのです。

粉が膨らまずお湯にひたひたになってしまうと、ドリップがうまく出来ないので、美味しいコーヒーを淹れるのが難しいのです。

3.問題点③日持ちしない

最後の問題点は、粉のコーヒーは豆の状態に比べて日持ちしないということです。

これは上の2つの問題点にも関わってきます。

豆から粉になることで空気に触れやすくなり、酸化が早まったりガスが抜けてしまったりすることはすでにお話ししました。

それと同時に、粉にすると香りも逃げやすくなってしまうのですね。

粉に挽いてしまったコーヒー豆は3日で飲み切った方がいいといわれるくらいですから、劣化のスピードは著しいものがあります。

粉で買われる場合は、なるべく空気に触れないように密閉して、早めに飲んでしまいましょう。

2.ミルを導入する利点とおすすめのミル

上記の問題を踏まえて、ミルを導入する利点をお話しし、おすすめのミルも紹介していきます。

1. ミルを導入する利点

ミルを導入する利点は、コーヒーを淹れる直前に豆を挽けるということです。

お家で豆を挽くことができるようになると、お店で粉で買う必要がなくなるので、上でお話しした3つの問題点をクリアすることができます。

豆で買って豆のまま保管することによって、酸化を防ぎ、ガスが抜けにくくなり、結果的に時間が経っても美味しく淹れることができるようになります。

そして更なる利点は、コーヒーを淹れる時間がもっと楽しくなるということです。

コーヒー豆をミルでゴリゴリと挽くあの感覚は、不思議とクセになりますよ。

挽いているときに香ってくるコーヒー豆の芳ばしい匂いにも癒されますね。

2.おすすめのミル

では、お家でコーヒー豆を挽くのにおススメのミルを紹介します。

今回は2つの視点からそれぞれおススメのミルを紹介しますので、ご自分のコーヒースタイルに合った方を参考にしてみてください。

そのミルとは以下の2つです。

  1. カリタ クラシックミル
  2. ポーレックス セラミックミニ
1.カリタクラシックミル

1つ目におすすめしたいのが、カリタさんから出ているクラシックミルというミルです。

こちらのミルは、コーヒータイムをお洒落に過ごしたいという方におすすめのミルになります。

クラシックミルという名に相応しい洗練されたデザインで、木製のボディに温かみを感じます。

類似品はたくさんありますが、このカリタさんのミルに比べてチープな感じは否めませんね。

カリタ クラシックミルは、使わない時もお部屋に置いておくだけでインテリアとしても映えますから、日々の生活に彩を与えてくれますよ。

2.ポーレックスセラミックミニ

2つ目におすすめするミルは、ポーレックス セラミックミニです。

こちらは先ほどのカリタさんのミルとは対照的に、機能性を重視する方におすすめのミルになります。

ポーレックスの特徴は、なんといってもそのコンパクトさです。

元々手乗りサイズで小さいうえに、ハンドル部分が取り外せて、脇差のように収納しておくことができます。

また、挽き目の調整も簡単で、ダイヤルを回すだけで好みのメッシュに調節可能です。

一人暮らしの方や、アウトドア好きの方には重宝すること間違いなしのミルですよ。

3.おまけ:お財布に余裕があれば電動ミルもあり

最後におまけとして、お財布に余裕がある方に向けて、電動ミルをご紹介します。

とはいえ、ミルのない状態から何万円もするミルを購入するのは、気が引けてしまうかもしれません。

ということで、ここでは電動ミルの中でも比較的安価で、機能面も十分な「カリタ セラミックミル」をご紹介します。

こちらのミルは、電動ミルとはいっても安価でコストパフォーマンスに優れたミルです。

Amazonさんであれば、1万円せずに買えます。

1万円前後の価格帯のミルはいくつかあって、機能も似通ったものが多いですが、その中でもおすすめのミルです。

コーヒー器具を扱っているお店の店長さんに聞いたお話ですが、同価格帯の電動ミルに比べて挽くときの音が静かだそうです。

聞き比べさせてもらいましたが、確かに他のミルより静かで、私もこれを選びました。

性能が似通っているのであれば、駆動音が静かなものを選択するのも、一つの選び方かもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、お家で美味しいコーヒーを淹れるために私がお勧めするミルをご紹介しました。

コーヒーミル導入の利点は、豆のまま保管することによって、酸化を防ぎ、ガスが抜けにくくなり、結果的に時間が経っても美味しく淹れることができるようになることです。

これ一つで家のコーヒーがカフェのような本格的な味わいに変身します。

朝、コーヒーミルを利用することで漂ってくるコーヒーの香りもとても優雅な気持ちになるのでオススメです。

皆さんもぜひコーヒーミル、導入してみてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク